大人ニキビ

大人になって出来るニキビは、思春期の頃にできたニキビとは根本的に異なります。
思春期のニキビは、成長ホルモンの影響で皮脂腺の多いおでこや鼻を中心にしたTゾーンでニキビができます。
これは思春期が終われば自然と治ってきますし、ニキビができやすい体質も改善します。
一方、大人ニキビは生活習慣が原因でできます。
また出来る場所も思春期の頃とは異なってきます顎や頬といったUゾーンを中心にニキビができます。

大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れによるところが大きいのですが、ターンオーバーの乱れの原因は、肌の乾燥、間違った洗顔方法、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、赤外線、タバコ、寝不足、食生活の乱れ、メイク、冷えと便秘、生理周期等々です。
これらの原因の1つが影響して大人ニキビができるのか、それとも複数が絡み合ってできているのかは人それぞれです。
原因が多ければ多いほど、完治するまで時間がかかります。

そして、大人ニキビの完全は思春期の頃とは異なり、薬をつけるとすぐに治るものではありません。
思春期ニキビとは根本的にニキビの種類が異なるのですから薬を付けたとしてもすぐに治るものではありません。
大人ニキビの厄介な点は薬をつけても即効でなるものではありません。
その為、様々な方法を試したり、1つの方法を過度に繰り返したりするのですが、様々な方法を試しつつ、じっくりと肌の様子を確かめながら直していくのが有効です。
ここでは、大人ニキビについて説明をしていきます。



▼TOPIC▼
思春期ニキビや背中ニキビのケアのために作られた化粧品の通販サイトです ・・・ 思春期ニキビ

Copyright © 2014 大人になってからできたニキビ… All Rights Reserved.